平成30年度大阪桐蔭高校女子サッカー部の練習会実施について
印刷用
実施要項 2017-rensyukai-2.pdf
申込用紙 2017-mousikomi.pdf
随時受付(学校安田まで)


にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ

ランキング参加してます。ワンクリックお願いします

2009年03月20日

3日目午前

090320_0917~01.jpg090320_0921~01.jpg090320_1057~01.jpg090320_1051~02.jpg090320_1051~01.jpg
食事終了後、アーチェリー大会を行いました。3人チームで1人2回練習をした後、チーム対抗戦スタート。

強風と寒さの中、集中してやる人、フラフラのフニャフニャの人と様々でした。
結果は写真のように、優勝は春奈・みゆ・ゆきチームでした。
その後、帰って乾かしておいたテントと寝袋の片付けをしました。

そこで1日目に奥さんが寝袋の袋は無くすと、入れる物がなくなって困ります。と、説明があったにも関わらず、2枚の袋がありません。
探しにいくと、ロッジの前に一つ。あと一つは見つかりません。
プログラムの時間もあるので、とりあえずは進めることに。

奥さんからは簡単に説明を聞きすぎ。一つくらいと思ってるのでは ?
サッカーでも同じだけど、物を大切にするということは技術にも繋がるはず。
それと無くなってことで、このあと何人もの人が動くか?
このキャンプに何人の人の手がかかってるか考えないと。とお言葉をいただきました。

私の言いたかったことを言ってもらえました。
今はHRTアクティビティPart3のペーパープレゼントをやっています。

このプログラムは、各グループで言葉や合図、目配せなどをせずに、手元にあるバラバラの型紙を全員同じ形にするというものです。

目的は互いに協力しあい同じ大きさ、形の図形をつくること。
各チーム1人観察者を置き、チームを冷静に観察し、記録する。
ゲーム開始20分で1チーム完成、完成したチームは出来ていないチームの観察にまわりました。

そしてもう1チームは40分かかりました。
このプログラムでは、自分が形ができても過信せず、そうゆう時こそ他の人を見て考えてあげる、自分のことよりも周りの事を気にするという要素が入っていました。

まさに今のこのチームに足りないところじゃないかと思います。
体を動かさなくても、このようなプログラム一つで気づかされることが本当にたくさんあるんだと感じさせられます。
その後振り返りシートを記入し、ロッジの片付けに行きます。
昼からは最大の難関プログラム、3mの巨大壁登りが待っています。
posted by TOIN at 11:38 | コーチ